愛犬と散歩する時のしつけのトラブルは…。

SHARE

愛犬と散歩する時のしつけのトラブルは…。

上下関係を柴犬は直観で感じるようです。柴犬に気後れしたり、一歩下がったりということなく、ペットのしつけを正しく実践しましょう。
必要最低限のしつけができていないと、散歩をしていても主人を引っ張って歩いたり他の犬に吠えて敵意を見せたり、様々なトラブルが多々あります。これは、主従の立場が逆転しているからだと思います。
トイレのしつけをしている間に一定以上褒美をあげる行為をしたら、ペットへの褒めたいという心が犬に理解されているか否か、確認する必要があります。
散歩のときの拾い食いのせいで犬の健康を脅かしてしまうことがあっては困りますから、忘れずにペットとの散歩中のしつけを実践しておくことが必要ですね。
柴犬の小犬の場合、飼育した後の用途次第でしつけ法は異なってきますが、家庭の飼い犬として飼育する時は、生後から半年くらいまでに実施しておけば、きっと柴犬との家庭生活に役立つでしょう。

飼い犬が無駄吠えすることをしなくなっておとなしくなったのを待って、ご褒美をあげましょう。無駄吠えをしないという行動と報いを結びつけたりして、自然と学習してくれるらしいです。
常時、主人は飼い主だけである状況を分からせるため、散歩のときは、愛犬が飼い主の動きを意識して散歩するようにしつけてあげるのが非常に大切です。
愛犬と散歩する時のしつけのトラブルは、大別して2つに分けられます。その2つは、実は誤った主従関係という視点にある程度関わっているはずです。
動揺したオーナーを観察して、主人とみなさない犬だっています。なるべく慌てることなく噛む癖のある犬のしつけをやり遂げられるよう、ちゃんと心構えとか準備をしておいてください。
ポメラニアンなどは家の中で飼うので、トイレのしつけトレーニングは大切でしょう。おトイレをしつける場合に重要なことは、トイレの在り場所をポメラニアンにきっちり学習させることだと考えます。

精神的に弱い犬は、ある程度無駄吠えの回数が多くなってしまうそうです。その原因は、ある種の予測反応とか、恐怖心のための一種のパニックのようです。
犬のしつけに関しては、吠えるまたは噛むのは、どんな訳があってそうしているかということを観察して、「吠えることは悪いこと」「噛むことはダメな事だ」としつけをすることが肝要です。
本来、柴犬は無駄吠え等々をするタイプだと言われます。なので、無駄吠えをしつける際には「困難を要する」と心構えをしたほうが返って気楽だろうと思います。
何をしても可愛らしい子犬たちには、大目に見てあげたくなるのもわかりますが、子犬だからこそ、犬のしつけを着実にするべきと言ってもいいのではないでしょうか。
本来成長するにつれて、ポメラニアンは幾分聞き分けが良くなりますが、きちんとしつけをしておかないと、成長過程でわがままな性質になる危険もあるらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です