噛むクセがある犬の噛む理由を追究して…。

SHARE

噛むクセがある犬の噛む理由を追究して…。

基本的なしつけが行われていない場合、散歩をしていても好きな方向に歩いたり吠えてみたりと、様々なトラブルが目立つと思われます。つまり、犬と飼い主との上下関係が誤って築かれているからです。
人によっては噛む犬をしつけたくても、「噛まれるから怖い」という例があるかもしれません。その反面、イラついたり驚かされて、反射的にたたいてしまった体験もありませんか?
大抵の場合、子犬期は「要求咆哮」のケースが大半です。が、度を超えるようなしつけを実行すると、「威嚇咆哮」になってしまうことさえあります。限度をわきまえましょう。
一般的にチワワを飼い始めて、最初にやった方がいいのはトイレのしつけですけれど、要領の良い子から悪い子まで、いろんな感じの小犬がいるので、とりたてて慌てずに丁寧にしつけていってはどうでしょう。
ペット犬にしてみると、噛む行為だって愛情を表現しているのであって、幼いころに甘噛みが多くなったりしますが、そんな時に地道にしつけを受けないと、噛み癖も続いてしまうらしいです。

飼い主さんが吠える犬のしつけを実行する時は最初に原因を別にして考えることが大切です。それから、犬が吠える理由を排除することと実際のしつけを同時に実行してください。
子犬がどこかを噛んでくるという時は、「噛んじゃいけない」という点をしつけるまたとないチャンスだと言えるでしょう。噛んでくれないようだと、「噛むのはダメだ」というポイントをしつけることは難しいでしょう。
散歩中だって、ペットのしつけは出来ると思います。信号などでは、「おすわり」「待て」の号令の訓練が可能な上、いきなりストップして、「待て」の訓練といったものも可能です。
犬が散歩をしている時の拾い食いに関連した愛犬のしつけは、声に出して叱ることなどはしないほうがいいです。飼い主としてのみなさんが、いつも動揺せずにリードを操作することでしつけをする方が良いです。
一般社会でチワワが共に生活するためにこそ、社会のルールを体得しなければならないのではないでしょうか。その社会性は、子犬でいるうちからしつけ始めなければいけません。

噛むクセがある犬の噛む理由を追究して、今まで実践してきた失敗ばかりだったペットのしつけを軌道修正して、噛むクセなどを正してみるべきです。
たとえ、しつけされていないと無駄吠えすることが増えていくミニチュアダックスフンドであっても、きちっとしつけたら、無駄吠えのようなものを少な目にすることも可能です。
通常、柴犬をしつける際の問題に挙げられるのが噛み癖かもしれません。成長した後でも矯正できるものの、本来だったら、子犬の時期からしつけを完了するのに越したことはないんじゃないでしょうか。
みなさんも、高ぶって噛む犬をしつけする際は、落ち着いて、威厳をみせつつ行うようにすることが大切で、ヒステリー気味にしつけを継続しても、無駄じゃないでしょうか。
基本的に、怒るよりも褒め称えてあげると、ポメラニアンのしつけに関しては一層の効果あって、できたら大袈裟に賛辞の言葉をかけることがいいだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です