当然ですが…。

散歩に行ったり、食事、犬がエンジョイする時間とか行動などは実はご褒美なのです。それを使ってイベントを行うより前におトイレのしつけ訓練を設定したりしてもいいでしょうね。
通常、柴犬をしつける際のお悩みは噛み癖のようです。成長してからでもできますが、時間はかかるでしょうから、子犬の状態からしつけるのに異議はないと思います。
当然ですが、ちゃんとしつければ、たぶんミニチュアダックスフンドを含めたワンコは、主人の言うことに応えてくれるようになるといいますから、とにかく頑張りましょう。
犬でも気が弱いと、通常多く無駄吠えするようになるらしいです。このように吠えるのは、一種の警戒や恐怖心による錯乱による行動と言われています。
しつけの仕方の心掛けですが、故意でなかったとしてもポメラニアンに体罰を与えるようなことをしては良い結果は生まれません。心に傷を負って、人に対して心を開いてくれないようになると聞きます。

まだ小さい子犬の時期に、キッチリと甘噛みなんてしてはだめだと、しつけを受けてこなかった愛犬は、成長しても何らかの原因で甘噛みのように誰かを噛むようになるとも言います。
子犬が人を噛んでくれるという時は、「噛むことは良くない」というポイントをしつける最高の機会だと言えます。噛んでくれないと、「人を噛んではいけない」というしつけを行うことはできないですから。
何年も前だったらトイレ訓練のしつけでは犬が粗相をすると叩いてみたり、またはしかりつけるやり方がほとんどでした。そういった方式はいまでは推奨できません。
時には、噛む犬のしつけをしていのに、噛まれそうで無理、ということもあるし、または、怒ってしまったりビックリしてしまって、飼い犬に体罰を与えたことだってあるのでは?
噛む犬はしつけが不完全であるからです。しっかりとしたしつけを知らないためにやっていないのでしょう。認知度のあるしつけ方法をみても、誤っている点が多々あると思います。

大概の犬の場合、歯が生え替わっていく頃の子犬というのが、非常に腕白小僧、おてんば娘ですので、子犬のうちにきちっとしつけをするようにするべきだと考えます。
しつけされた犬を連れて散歩をしていたら、もちろん一目置かれますし、人々に効果あるしつけ法を披露してみたら、感謝されて人気者になってしまうことは必至です。
効果のある手法で、子犬の時期からしつけを実践しておくと、長年の愛犬との人生が、絶対に楽しい上、意義あるものとなります。
まず、柴犬の小犬を飼育した後の目的次第でしつけの方法が異なっていて、ペットにするために飼育する際は、生まれてから6か月くらいまでにやれば、いずれ柴犬との家庭生活に役立つと思います。
とりわけしつけをしてもらいたいのは、飛びつきではないでしょうか。威嚇をして、大きなラブラドールが飛びつきをして、勢いで牙をむけてしまって、ケガを負わせてしまうことだってあり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です