しつけについての振る舞い方

なんといっても子犬の頃は、優しくなるんでしょうけれど、幼くても、ペットのしつけというものをパーフェクトに実行するのが最適と言われています。
しつけについての振る舞いとして、何があろうとポメラニアンに暴力を与えてはいけないと思います。恐怖が大きくなって、飼い主に心を開かない犬になってしまう可能性があるとのことです。
私も以前は、犬をしつけるまでは吠える、または噛む行動に苦労しました。愛しい犬だというのに、私を対象に吠えるだけじゃなくて噛みつく、非常に悲しかったです。
噛み癖のあるペットの噛む理由を研究し、今まで実践してきた勘違いの多いしつけを再度やり直して、噛むクセなどを改善していくことをお勧めします。
普通、吠える犬をしつける際は吠えるのが当たりまえになってしまった犬の本能なども熟知してから、取り掛かるようにしないといけないのではないでしょうか。しつけに重要な心構えです。

一般社会でチワワが上手く共存していく、そのためにこそ、社会性というものを身に付けないといけないはずです。ですから小さな子犬の時からしつけをしないといけないと思います。
幾度となく無駄に吠える犬をしつけていても効き目が現れないことに、貴方が不安定になったりしているかもしれません。愛犬は本能にしたがい、ただ単に行動に移して吠えているはずです。
ポメラニアンような犬は、しつけられながら主従関係を作り上げることを楽しく感じる犬ですから、小さい子犬のうちから怠ることなくしつけに励むことが良いでしょう。
子犬の乳歯が永久歯になる時期、しつけて、噛む強さの判断を分からせておくことで、大きくなってからも噛む力の強弱を既に知っているので、本気で噛むことはあまりしなくなるでしょう。
子犬であれば、「要求咆哮」のケースが多いです。が、過度ともいえるしつけをやってしまうと、威嚇して吠えるようになる場合さえあります。なので、気をつけてください。

ミニチュアダックスフンドのような犬は成犬も小型なので、みた感じは幼犬っぽくて可愛さがありますが、しつけは必要で、どんな犬でも最初の段階で取り掛かるべきだと思います。
ちゃんと威厳をもつようにしつけをしてみると、トイプードルは主人である飼い主の命令をキッチリと守るという状況に発展します。
さらにしつけしてほしいのは、飛びつきなんです。遊びで、大きなラブラドール・レトリバーが誰かに飛びついたあと、はずみで噛んで、ケガを負わせてしまうことになっては取り返しがつきません。
通常、叱るより褒めたりする方が、ポメラニアンのしつけ法として一層の効果あるらしいです。ですので、大袈裟に褒めあげることが大事でしょう。
痛みに人間ほど敏感でない犬が痛みで鳴いてしまうのは、よほどのことだと思われます。もしも、無駄吠えのきっかけが身体の不調による痛みだと考えられたら、近所の獣医師に診察してもらってください。

猫や犬が蜂に刺されたときの対処法は飼い猫や飼い犬が蜂に刺された時の対処法!の記事を合わせて見てみてください。